現地法人iDAオーストラリアがオープン 日本のファッション業界へ向けたバイリンガル人材の創出へ ワーキングホリデー人材の現地就業と帰国後就業支援を開始


ファッション・コスメ業界に特化したトータルソリューションカンパニーである、ワールド・モード・ホールディングス株式会社 (東京都渋谷区、代表取締役社長 加福真介、以下WMH)が、2018年7月25日オーストラリアに人材サービスを目的とした現地法人を開設しましたのでお知らせいたします。ワーキングホリデー(以下ワーホリ)活用人材に就業支援を行い、日本のファッション業界への誘致を目的とします。昨年10月にはシンガポールに現地法人を開設しており、今後台湾にも現地法人を開設していく計 画です。

サービス内容

英語での販売経験、グローバルな視点を身に付けたスタッフを育成、日本のファッション・コスメ市場へ誘致していきます。iDA では既存人材マーケットから人材を探すのではなく、自ら「創出」していきます。

ワーキングホリデー滞在先でのファッション企業就業支援
基本的には「カジュアルスタッフ(アルバイト)」として、ファッション・コスメ販売職の就業です。

ワーキングホリデーを終了し、帰国後に就業支援
グローバルな視野を持つ即戦力人材として、日本のファッション・コスメ業界で活躍して頂けます。

背景① ファッション業界におけるバイリンガル人材の不足

訪日観光客の増加や 2020 年に向けた施策として、ファッション・コスメ業界で は英語を話すことができるバイリンガル人材の需要が高まっています。

背景② ワーホリ人材のファッション業界就業へのハードル

オーストラリアには年間 1 万人以上がワーホリを利用し訪豪※1するものの、現地での就業先としてファッション業界は少ない現実があります。

現地ファッション業界との強いネットワーク

iDA は日本で「ファッション・コスメ業界取扱いブランド数No.1※2」であり、大手ラグジュアリーブランドやインターナショナルブランドへの繋がりが多く、オーストラリアのファッション業界団体とのネットワークも持っています。この度、日本貿易振興機構(JETRO)からの支援を受けて法人設立に至りました。

日本のファッション・コスメ業界活性化に貢献

ワールド・モード・ホールディングス株式会社 代表取締役 加福 真介 「インバウンド消費は一過性ではなく、2020年に向けた特需も重なりグローバルな人材の需要は更に高まりを増しています。日本のファッション・コスメ業界活性化のためにも、求職者が同業界販売職を選択しやすい環境作りを進めていきます。」

※1 一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会 監修
※2 実査委託先:楽天リサーチ調べ

ワールド・モード・ホールディングス株式会社

http://wmh.co.jp/
ホールディングスカンパニーとしてiDA、iDA PRO、AIAD、AIAD LAB、フォー・アンビションの事業会社5社の経営管理を行い、専門性の高い各社のシナジーによって、お客様の課題に応じた実効性の高いソリューションを提供します。そして、ファッション業界に関わる全ての人たちが豊かになる未来を創ります。

本件に関するお問い合わせ先

ワールド・モード・ホールディングス株式会社 経営企画室
TEL:03-3374-8107
MAIL:info@wmh.co.jp
広報担当 : 鈴木 / アムティ