技術者を惹きつける都市の世界トップはインドに(インド)

スクリーンショット 2014-07-02 18.23.15

LinkedInが、テクノロジー業界のプロフェッショナル達に人気のある都市を調査したところ、サンフランシスコ、シアトル、メルボルンなどの都市を破って、インドのバンガロールがトップにたちました。
他にも、プネ、ハイデラバード、チェンナイ、グルガオンのインド国内の4都市がトップ10入りしています。
トップ10には他に、アメリカのオースティン、オーストラリアのシドニーなどがあがっています。

「テクノロジーは経済の主要な成長エンジンのひとつであり、世界各国の政府は、テクノロジー関係の優秀な人材を自国の都市に誘致するために積極的に投資しています。」とLinkedInはブログで述べています。
LinkedInでは3億件以上の登録者のプロフィールに記載されている情報を集約、整理することにより、今回の結果を導き出しました。アメリカに拠点を置くLinkedInには、世界中に2.77億人の会員がおり、インドには240万人の会員がいます(2月現在)。

「インドを含む世界中の政府がテクノロジー人材の誘致手段を模索しています。テクノロジーのプロフェッショナルに人気の都市のトップ10の半数をインドの都市が占めているということは、インドが世界経済にとって大きな影響力を持っているという事実を明らかにしたと言えるでしょう。」LinkedInインドのラオ氏はコメントしています。

The incredible opportunity that India can provide to economies around the world is evident from the fact that half of the top 10 global cities with technical skills are from India.

なお、調査対象となった会員の主要なスキルは、IT基盤の整備、システム管理、Java開発、Webプログラミングでした。

参考:THE ECONOMIC TIMES
http://economictimes.indiatimes.com/industry/jobs/bangalore-tops-global-list-of-cities-attracting-tech-talent/articleshow/37202411.cms