サムスンの人事と成果のあいまいな連動性 企業の開発力をより高めるには

fb_nbonline_logo (1)
5月22日付けの当コラム「日本の技術力は本当に高いのか」に寄せられたコメントには興味深いものがあった。一つは、技術音痴の決裁者が多くの会社にいることへの危機感に関するもの。もう一つは、サムスンの技術力は向上してきたが開発力は果たしてどうなのかという疑問。

 今回は、これらのコメントを取り上げて、まず開発力というものに関して、もう一度考えてみたい。そのうえで、開発力とは必ずしも連動していなかったと思えるサムスンの昇進の例を取り上げ、技術音痴が存在してしまう現実と、その弊害について筆者の意見を述べたい。