アメリカ人女性にとって最高の仕事とは(アメリカ)

logo

CareeeCast.comは、アメリカ人女性にとっての最高の仕事として、コンピューターシステムアナリスト、広報マネージャー、歯科衛生士、理学療法士をあげています。
米国労働統計局によれば、2012年、アメリカ人女性で労働についている人の割合は57.7%でした。2018年までには9%または6,462,000名増加すると予測されています。

「働く女性は増え続けており、それに伴って、能力的にも経済的にも多くの人に平等にチャンスが与えられるようになりました。」CareerCastの広報担当は述べています。

As more women continue to enter the workforce, more careers are emerging to provide an equal opportunity to succeed both professionally and financially.

下記はCareerCast.comが選んだ、2014年版女性にとってのベストな仕事です。平均的な給与、雇用の見通し、その職種における女性の割合などに加えて、ストレス、物理的・身体的な要求などを加味して選ばれています。

●保険数理士
●広告・プロモーションマネージャー
●コンピューターシステムアナリスト
●歯科衛生士
●教育管理者
●イベントプランナー
●人事マネージャー
●市場調査アナリスト
●作業療法士
●理学療法士
●広報担当マネージャー
●医療言語聴覚士

参考:Recruiter
http://www.recruiter.co.uk/news/2014/06/best-jobs-for-women-in-the-us-revealed-by-careercastcom/