アメリカでのリクルートメント革命と今後(アメリカ)

ere-net-newlogo2
過去20年間、リクルーティングは一気に進化し続けてきました。
インターネットやソーシャルメディアが普及する以前、リクルートメントは電話で行われていました。
この時代、多くの人は携帯電話を持っておらず、またメールを使用する人も殆どいなかったのです。

その後のインターネット時代が到来し、ジョブボード(Job Board)が急速に発展、またモンスター(Monster)やキャリアビルダー(Career Builder)などの大型求人サイトも有名になっていきました。
採用候補者を見つける最も良い方法は、ジョブボードやモンスターやキャリアビルダーなどのサイトに仕事を投稿することでした。
モンスターもキャリアビルダーも多くの候補者のデータベースを持っており、迅速に候補者を見つけることができました。

そして、リンクトイン(LinkedIn)というビジネスマッチングに特化したSNSが台頭します。
現在ではほとんどの人がリンクトイン上でプロフィールを持っています。
しかし、今はツイッターやフェイスブック、またはGitHub、Pinterest、Instagramなど、プロフィールを掲載できるものがたくさんあります。
リンクトインのみが採用に使われるという時代が終わるのも、時間の問題かもしれません。

ビッグデータは、適切な才能を素早く特定することを可能にします。
ビッグデータはあらゆるソーシャルメディアを通して、適切な才能を見分け、最も適任なのは誰か、誰が職を探しているのか、誰が転職しても良いと思っているのかを、教えてくれます。

リクルーティングは基本に戻っていくでしょう。
1000もの経歴書をチェックし、殆ど返信のないメールを送ることはしなくなるでしょう。
今後のリクルーターにとって重要なことは、私達が20年前にしていたこと、つまり、必要な人にだけ電話を直接かけるということなのです。

In the past 20 years, I have seen recruiting evolve drastically. Before the Internet and social media, recruitment was stripped down the the basics. Recruiting was all about a phone and cold calling.

参考:ERE.net
http://www.ere.net/2014/05/30/a-recruitment-revolution-is-upon-us/