ITを活用した雇用に関する3つの秘訣 (イギリス)

tech-tips
「テクノロジー予算を増やし、ITアプローチを導入しない限り、リクルート産業の成長と利益は制限される」これはビジネス・テクノロジーコンサルティング企業QuoStarの言葉です。

この企業のCEO、Robert Rutherfordは
「現代の重要な情報は人々の頭の中にあり、それらは彼らと共に移動する」
「タブレットのような装置は”自動的に会社へと移行する”情報をより多くとらえ、会社内のデータを新しいものへと同期させ、社員の効率を上昇させる」と主張します。

彼が提供する、テクノロジー活用に関する3つの秘訣がここにあります。

1)オフィス内の活動がすべてではない
「オフィスのインフラと十分につながり、それと完全に互換可能なポータブルIT資源を設立すれば、時間のロスがなくなりコンサルタントの「頭の中」にある重要な情報を獲得できるでしょう。」
2)セキュリティを侮るな
「卓越したリクルート企業は脅威が致命的になる前にデータセキュリティの必要性を認識するでしょう。彼らの方法が変わることはありません。ただ既存のセキュリティーシステムを適切に使用するだけです。」
3)使いこなせなければテクノロジーに価値はない
Rutherfordは社員をトレーニングし新たなテクノロジーに適応させることの重要性を強調しています。「新たなテクノロジーがあってもその使い方を知る人がいなければ、そのテクロノジーの目的は一体何なのでしょうか?」

There are competitive advantages coming through using technology to improve the workload, improve the efficiency and productivity of staff but also to capture information which is obviously key, especially in recruitment where it’s all in the head of that individual.

参考: Recruitment Grapevine
http://www.recruitmentgrapevine.com/article/2014-08-07-three-it-tips-to-help-with-hiring#.U-hdVZXlrug