休日の仕事はもうしない?Daimler休暇中に届くメールを削除 (ドイツ)

holiday-emails
「私は休暇中であなたからのメールを読めません。あなたのメールは削除されます」、
「もし重要な要件であれば他の社員に連絡を取るか、私の休暇明けに再びメールを送信してください」

これはドイツの自動車メーカーDaimlerで使用されている自動応答メッセージです。
この企業は、2010・2011年に仕事とプライベートの両立に関するリサーチを行った後、この自動削除ポリシーを立てました。
このリサーチ後、Daimlerのマネージャーは会議を予定しない時間を設けるように推奨され、社員は会社で過ごす時間を削減するよう勧められています。

Daimlerのスポークスマン、Oliver・Wihofszkiは「このメッセージを受け取って怒る人はめったにいません。皆さん”私もこんなシステムが欲しい“とおっしゃり、99%の方が好意的に受け止めています」と言います。

しかしStevens & Bolton LLPのHannah・Fordによると「このメッセージにイライラしたり、心の奥底で怒りを感じる人もいるかもしれません。もし重要なメールが返信されなかったら予期せぬ悪影響もありえます。
クライアントに重点を置いたビジネスで、このアプローチが機能するのは難しいでしょう」と述べています。

The reality is that in today’s digital age, many employees are expected to be accessible since clients demand around the clock responsiveness. Reacting quickly to emails or time critical events goes with the territory and sacrificing that to protect an employee’s leisure time may play into a competitor’s hands

参考:HRM Asia
http://www.hrgrapevine.com/markets/hr/article/2014-08-15-the-end-of-out-of-office-daimler-deletes-employee-emails-for-those-on-holiday#.U-5GcJXlrug