採用担当者のホンネ調査【~採用の常識・非常識~】 “第二新卒”の採用に積極的なのは全体の約3割程度。 「第二新卒かどうかは意識していない」という意見多数。

d2374f0a329c7eed3162549bbc43e9b8
採用担当者のホンネ調査【~採用の常識・非常識~】
“第二新卒”の採用に積極的なのは全体の約3割程度。
「第二新卒かどうかは意識していない」という意見多数。

【内容】
Q.「第二新卒」の採用を積極的に行っていますか?

「積極的に行っている」と答えたのはわずか29%程度で、「どちらでもない」(37%)「積極
的に行っていない」(34%)と答えた企業が全体の約70%を占める結果となりました。その
理由を尋ねたところ、多数の企業が「選考はスキル重視のため、第二新卒かどうかに関わ
らず同じ基準で見ている。」と述べており、「第二新卒」などの括りにとらわれず、あくま
で“即戦力となる人材”を求めている企業が多いことが伺えました。また若手は新卒採用
で十分に採れているという企業や、手取り足取り教育する余裕がないという企業が多いの
も要因のひとつだと考えられます。
一方「積極的に行っている」と答えた企業は、「規模の拡大のため」、「社員の若返りを図る
ため」や「皆素直だから。」という意見が多く見受けられました。また、新卒だけで採用が
満たせていない企業は第二新卒を積極的に採用しているようです。更に、今回は社会人何
年目までを“第二新卒”とみなすのか、各社の
定義についても問いかけてみました。その結果、
「3 年未満」(43%)、「2 年未満」(25%)、「1 年
未満」(18%)という結果でした。第二新卒は
おおよそ社会人3 年目まで位というところが
一般的な見解のようです。

【調査概要】

調査内容:採用担当者の意識調査
調査対象:ワークポート取引企業の採用担当者(99 社)
調査期間:2014 年9 月1 日(月)~2014 年9 月12 日(金)
アンケート掲載ページ:http://www.workport.co.jp/recruit_data/detail22.html

■本リリースに関するお問い合わせ

株式会社ワークポート 担当:横山
フリーダイヤル :0120-77-1049(代表) / E-mail : otoiawase@workport.jp
所在地 : 〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-2 アート