8月の雇用市場は今年一番の低い上昇率(アメリカ)

ere-net-newlogo2

夏は雇用市場が低迷する時期ではありますが、それを踏まえてもアメリカの労働省の調査は驚くべきものでした。
労働省の調査によると、この8月に創出された新たな雇用は、エコノミストの予測した220,000から230,000と言う数字にはるかに及ばず、142,000でした。

8月の増加率は今年で最も低く、他の月では各月に200,000以上の新たな雇用を生み出しています。
8月時点で、月毎の平均雇用獲得数は230,000です。

失業率は6.2%から6.1%に下がっていますが、これは労働可能な年齢で労働力に参加している人口が減ったためです。
エコノミストによると労働者の減少の半分は、団塊の世代の定年退職によるものだと言います。
しかしながら、単純に就職・転職活動をあきらめた人々も中にはいるということです。
8月の労働参加率は、62.9%から62.8%にわずかに下がり、これは歴史的に低い水準です。
彼らを呼び戻し、全体的な雇用率を正常な数値に戻すには、200,000以上の安定した仕事が必要です。

しかし、労働者の週労働時間に変化がなく(34.5時間)、3.4時間の残業をしている現状では、
雇用市場のさらなる大きな成長はまだまだ遠いようです。

Even taking into account the usual summer hiring slowdown, this morning’s jobs report from the U.S. Labor Department can only be called surprising. The Department’s Bureau of Labor Statistics said 142,000 new jobs were created in August, a number far off the 220,000 to 230,000 economists forecast. Unemployment inched down to 6.1 percent from 6.2 percent.

参考:ERE.net
http://www.ere.net/2014/09/05/augusts-142000-jobs-is-weakest-growth-this-year/