シンガポール、公務員の再雇用67歳までに

st_nikkei_r1_20101003_1

シンガポール政府 来年初めから、公務員の定年後の再雇用を現在の65歳までから67歳までに延長すると発表した。急速な高齢化と労働人口の減少に対応する。シンガポールでは定年は現在62歳となっている。

 事業主は法律により、仕事ぶりに満足のいく健康な従業員に65歳までの継続雇用の機会を与えることを求められている。

 シンガポールの公務員は13万9000人にのぼる。