【2020年5月度】アルバイト系主要5媒体・求人レポート 前年比49%・求人件数の下落止まらず、100万件を大きく割り込む

HRog運営会社のゴーリストが収集している最新の求人媒体掲載情報を活用した「【2020年5月度】アルバイト系主要5媒体・求人レポート」をお届けします。求人市場の動向や各求人媒体・職種の傾向を紐解くのにぜひお役立てください。

※5月度のレポートは5月最終週のデータにもとづいて作成しています。新型コロナウイルスの影響などが気になる方は週間レポートも合せてご覧ください。

最新の週次レポートはこちら

2020年5月度のアルバイト求人市場サマリ
  • 2020年5月の求人掲載件数合計は843,044件(前年同月比49%、前月比-317,385件)。前年同月比で見ると5媒体全てで求人数が減少。2年前の2018年5月求人件数(1,603,803件)と比較すると求人件数は0.52倍。 
  • 前年同月比で見ると、5媒体すべてで求人件数は減少。「マイナビバイト」(-132,063件・36%)、「タウンワーク」(-490,365件・46%)は50%を割る結果に。
  • 前年同月比で見ると、10職種中9職種で求人件数が減少。特に大きく減少しているのは「アパレル系」(-73,136件・16%)、「アミューズメント」(-14,602件・18%)。唯一「医療・福祉系」(+32,673件・119%)職種で求人件数が増加。

アルバイト系媒体 全体件数推移

HRogリストのデータを元に作成

アルバイト系媒体 媒体別求人件数

2020年5月度 主要アルバイト系5媒体 求人数まとめ

HRogリストのデータを元に作成

アルバイト系媒体 媒体別件数推移

HRogリストのデータを元に作成
HRogリストのデータを元に作成
HRogリストのデータを元に作成
HRogリストのデータを元に作成
HRogリストのデータを元に作成
アルバイト系媒体 媒体別求人件数サマリ
  • 2020年5月の求人掲載件数合計は843,044件(前年同月比49%、前月比-317,385件)。
  • 前年同月比で見ると、5媒体すべてで求人件数は減少。「マイナビバイト」(-132,063件・36%)、「タウンワーク」(-490,365件・46%)は50%を割る結果に。
  • 前月比で見ると5媒体全てで求人件数が減少。前月比の減少幅が最も大きいのは「マイナビバイト」(-37,228件・66%)。求人件数の減少数が最も大きいのは「タウンワーク」(-182,368件・69%)。

アルバイト系媒体 職種別求人件数

HRogリストのデータを元に作成
アルバイト系媒体 職種別求人件数サマリ
  • 前年同月比で見ると、10職種中9職種で求人件数が減少。特に大きく減少しているのは「アパレル系」(-73,136件・16%)、「アミューズメント」(-14,602件・18%)。唯一「医療・福祉系」(+32,673件・119%)職種で求人件数が増加。
  • 前月比で見ると、10職種中9職種で求人件数が減少。特に大きく減少しているのは「アパレル系」(-22,505件・38%)、「教育・語学系」(-48,597件・44%)。
  • 前月比で見ると、警備業界大手・テイケイ株式会社がイベントの交通誘導員の募集を開始した影響で「イベント・キャンペーン系」(+627件・119%)が10職種中唯一増加。

2020年5月度 アルバイト系媒体出稿金額ランキング

HRogリストのデータを元に作成

※媒体出稿金額はHRogリストの独自ロジックで判定した広告プランの定価をベースに算出しています。

調査概要

調査対象データ:HRogリストより「イーアイデム」「タウンワーク」「バイトル」「フロムエー」「マイナビバイト」に掲載された求人情報をデータ化して集計
調査対象期間 :2017年5月~2020年5月
集計条件   : 各月最終月曜日時点の求人件数を集計

※このレポートでは媒体記載の職種カテゴリーではなく、HRogリスト独自のキーワードマッピングに基づいた職種カテゴリーで求人案件を分類・集計しています。
※媒体出稿金額はHRogリストの独自ロジックで判定した広告プランの定価をベースに算出しています。
※引用・参照の際は当ページのURL記載、またはリンク設定をお願いします。

(HRog編集部)