HRog編集部が3社を徹底比較!人材業界の最強営業リストとは? – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

HRog編集部が3社を徹底比較!人材業界の最強営業リストとは?

HRog-アイキャッチ-営業最強リスト

こんにちは!HRog編集部です。前回の「戦略的に求人広告の新規営業をするために必要な4つのこと」でリスト、商談、後追い、顧客情報が大事だと言いました。今回はそのなかで最も反響の多かった「営業リスト」についてまとめました。

「人材業界の最強営業リスト」とは何なのか、求人広告営業経験者の多いHRog編集部で議論しましたので、もし新規営業でお困りの営業企画や営業の方がいらっしゃれば参考にしてもらえると幸いです。

そもそも人材業界の最強営業リストとは何なのか?

今回のテーマは「営業リスト」です。一般的な営業リストはどういった点が評価されるのかというと「取得リスト数×取得項目数」となります。取得リスト数とは企業であれば何社分のリストがあるかということで、多いに越したことはありません。また、リストの取得項目数とは社名や郵便番号、住所にはじまり、代表者名、法人番号などを指します。

続いて、営業リストで重要になるのは「絞り込み」です。上記の取得項目から分かる情報で受注可能性が高い順に並び直すイメージです。主な絞り込み項目をあげてみます。

顧客層

自社の顧客層に近しい(ないしは戦略的に今度アプローチしたい)企業リストを作ることができれば、他のリストに対して受注見込みは上がります。例えば、「業種」「事業内容」や「従業員数」「資本金」「売上高」「設立」「上場区分」などが挙げられます。

営業手法

電話営業される場合は「電話番号」が必要になりますし、FAX送付から営業する場合は「FAX番号」が必要になります。

エリア(営業範囲)

訪問するエリアが限られている場合など、住所での絞り込みが必要になります。

上記を満たせるリストが優秀なリストということになりますが、今回は「人材業界の最強営業リスト」というテーマです。人材業界の商品で実現することは広義に「人を採用すること」です。企業において人を採用したいというニーズは常に変化します。業績拡大や新たな事業の展開、資金調達や急な退職など、採用をする理由は様々ですが、究極は「企業の求人需要を予測する」ことができればいいのです。

どんなリストサービスがあるのか?

どんなサービスがあるのかGoogleで「人材業界 営業リスト」と検索してみました。

広告や人材業界のブログ、人材サービスそのものがたくさん見つかりました。今回は検索結果のなかから以下の3サービスをピックアップし、徹底比較してみることにします。

Google検索

HRog編集部で比較した3サービス

  • エントリーNo1 HRogリスト(株式会社ゴーリスト)
  • エントリーNo2 ウリゾー(株式会社セールスサポート)
  • エントリーNo3 ラクリス(株式会社エヌティーワークス)

それでは順に1つずつどんなサービスなのか見ていきましょう。

HRogリスト

LP

キャッチコピー

HR業界シェアNo.1の企業リストサービス

URL

https://list.hrog.net/

リスト数

130媒体(アルバイト系、正社員系、新卒系、派遣系、医療・介護系、美容系、ホテル・ブライダル系、オウンドメディア、グルメ、その他)の求人情報のべ6億件以上

取得項目

掲載媒体、取得日、掲載期間、掲載更新日、掲載終了日、企業名、事業所名、職種カテゴリー、職種サブカテゴリー、募集職種、郵便番号、掲載元住所、都道府県、市区町村、町域、ビル名、電話番号、URL、業種、事業内容、従業員数、売上高、設立年、応募資格、勤務地、仕事内容、広告プラン、給与、給与区分、給与下限、給与上限、掲載URL(掲載媒体に準じる)

料金プラン

フリー:無料(3媒体・各媒体50件、計150件まで)
スタンダード:月額3万円~(媒体数無制限・件数無制限)

特徴

唯一の「企業の求人情報」に特化した企業リストで、取得項目に求人情報を持っているのがポイントです。「求人需要」を予測するには過去の求人募集実績からリストを作るのが一番早いのではないでしょうか。また、リスト自体はWEB上の求人媒体をクローリングして生成しているため、常に最新の情報が取得できます。自画自賛しますが、通常の企業リストと比べ、企業の重複が気になりますが、名寄せ処理も精度が高いようで、 重複がキレイに消えているのが特徴です。

Urizo

urizo

(記載内容は2018/3/8時点のWeb掲載情報より)

キャッチコピー

導入実績NO.1 営業に役立つ企業リスト作成ツール決定版Urizo(ウリゾウ)

URL

https://urizo.jp/

リスト数

・電話番号:560万件
・住所:560万件

取得項目

会社名、郵便番号、住所、電話番号、FAX、メール、URL、データ元、業種

※代表者名・設立年月日・売上・責任者名・従業員数・資本金 ※ご利用プランや取得媒体によって異なります

料金プラン

無料版:0円
ベーシック:4,980円/月(5,000件/月)
スタンダード:9,800円/月(10,000件/月)
プレミアム:17,800円/月(20,000件/月)
スーパープレミアムプラン:36,200円/月(50,000件/月)
※別途初期費用5,000円がかかります

特徴

「iタウンページ」「ハローワーク」などのウェブサイトから、企業情報をリアルタイムに自動収集できるツールです。最新の法人リスト・法人名簿の作成がUrizoを使って簡単に作成できます。また重複データの削除は自動的に省かれるのも嬉しいところです。リスト作成ツールの提供だけでなくFAXやDM発送代行まで行うサービスもあります。

ラクリス

ラクリス

(記載内容は2018/3/8時点のWeb掲載情報より)

キャッチコピー

一歩先行く営業リスト作成システム 新規開拓リストで差をつける「ラクリス」

URL

https://rakulis.biz/

リスト数

700万件

取得項目

企業名、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、URL、代表者、従業員数、売上、資本金、設立年月

料金プラン

・従量プラン:10,000円(@5円/件)
・定額プラン:30,000円(10,000件)
・月額プラン:(初期費用)10,000円+(月額費用)10,000円~

特徴

取得媒体またぎの重複や手持ちリストの除外ができるのが特徴です。求人サイトのほか、ショピングサイト、美容サイト、旅行サイト、不動産サイトに掲載している顧客を選別することができます。また取得日や項目の埋まっているリストのみを出力できるので無駄なリストを出さずに済むのがポイントです。

まとめ:自身の営業スタイルに合ったリストを作りましょう

比較表

「人材業界の最強営業リストとは」というテーマで3つのリストサービスを比較してきましたが、いかがでしょうか。人材業界における優秀な営業リストとは「企業の求人需要を予測できる」ことであり、「自社の顧客層」「営業手法」「エリア(営業範囲)」によって絞り込みをかけ、自社の営業スタイルに合ったリストを作りましょうということです。

現在の求人媒体掲載情報から企業の求人需要を予測し、初回のアプローチを電話営業で行うといった利用方法を検討しているのであれば、最新の求人情報を収録している「HRogリスト」が最も有力ではないでしょうか。継続的に求人情報をストックしていくことで掲載頻度や利用プラン、募集職種の変化も追えるため、よりリスト作成の精度が上がっていきます。また求人情報はなくとも最新の法人名簿であれば「Urizo」、自社で既に持っている顧客リストとの差分を取得するのであれば「ラクリス」も有効活用できそうです。

hrog-list_display_image

(HRog編集部)

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ