営業リストの作成方法。無料での作り方と購入可能なおすすめツール5選

「営業リストの作成方法を知りたい」という営業担当者もいるのではないでしょうか。営業リストの作り方には、無料ツールを使う方法と、有料の営業リストを購入する方法があります。今回は、テンプレートなどを使った営業リストの作り方やおすすめの営業リスト作成ツール、営業成果を上げるリストの活用方法などをご紹介します。

目次

営業リストとは、ターゲット顧客をリスト化したもの

営業リストは、テレアポや新規顧客開拓をする営業担当者が効率的、効果的な営業を行うために必要不可欠なツールです。まずは、営業リストとはどのようなものかを、営業リストが必要な理由とともに解説します。

営業リストの役割

営業リストとは、ターゲットとなる営業先や案件を一覧にまとめたもので、アタックリストと呼ぶこともあります。掲載されている情報は「企業名」や「住所」「電話番号」などで、営業担当者が見込み顧客などにアプローチをするために必要な項目が整理、リスト化されています。

成果を上げる営業リストの条件は「精度」と「質」

営業リストは、営業担当者が計画的な営業活動を行うために活用するツールです。しかし、企業情報をただまとめただけのリストでは、営業担当者が「営業で失敗を繰り返し疲弊する」といった事態になりかねません。

営業リストにとって重要なのは「リストの中に受注率の高いターゲットが何社いるか」ということです。具体的には、営業リストの「精度」と「量」がポイントとなります。例えば、エリアや売上高、資本金(求人の場合は募集エリアや募集職種、広告出稿金額)など、受注率の高い項目で企業を絞り込めるリストがあれば、より効率的な営業ができるでしょう。さらに受注件数を最大化させるためには、それなりの量を伴っていることも大切です。

「精度」と「量」を伴った営業リストを使うことで、営業成果を上げられるだけでなく、仕事に対するモチベーションがアップするといった効果も得られるでしょう。

営業リストを作成する3つのメリット

営業リストは、営業担当者にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、営業リストを用いた営業活動を行う場合に得られるメリットを解説します。

メリット①営業時の作業効率化が可能

営業リストがあると、前述した通り営業活動を効率的に行うことができます。例えば、テレアポやメール作業といった対応件数が必要となる営業活動においては、いかに無駄な時間を省いて次のアクションを取れるかが重要です。情報が整備された精度の高い営業リストを活用すれば、作業効率の大幅な向上にもつながるでしょう。

メリット②顧客データを蓄積できる

営業リストは、顧客とコミュニケーションを取る際のきっかけ作りにも役立ちます。担当者名や企業情報などのほか、「いつ」「誰が」「どのようにアプローチしたのか」といった情報を蓄積していけば、顧客との会話を深めたり、広げたりしやすいでしょう。顧客の具体的な課題を探りやすくなり、信頼関係が築きやすくなるといったメリットもあります。

メリット③情報管理が容易になる

営業リストを社内の誰もが見れる状態にしておけば、情報共有や報告を簡略化できるなど、上司や同僚などとも連携が取りやすくなります。テレアポやメール作業などの営業活動が重複してしまうことも避けられるため、営業担当者個人だけでなく社内全体の営業効率化にもつながるでしょう。

営業リストの作り方《無料編》

営業リストを作成したいが、どのような作り方があるのか分からないという営業担当者の方もいるでしょう。ここでは、「どこから」データを集め、「どのように」リストを作ればよいか、無料で営業リストを作成する方法をご紹介します。

顧客情報を収集する

まずは、ターゲットとなる顧客情報を収集することから始めましょう。情報収集方法の具体例は以下の通りです。

インターネットで検索する

インターネットによる検索は、情報収集の代表的な手段です。エリアや業種などを絞ってキーワード検索することで、ターゲット先を見つけ出します。Webサイトなどを一つずつチェックしながら選定していく必要があるため、手間と時間はかかりますが、目的に合った質の高いリストを作ることができるでしょう。

近年ではSNSを使ったコミュニケーションも普及しており、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSを通じて情報を把握したり、直接アプローチしたりすることも可能です。

新聞、雑誌、四季報などの紙媒体を活用する

企業情報が掲載されたさまざまな紙媒体から情報収集するのも一つの方法です。新聞や雑誌、四季報、電話帳など、媒体の種類によっても得られる情報は異なるため、取得したい情報が効率的に収集できる媒体を選ぶのがポイントとなるでしょう。過去の情報なども調べることができるため、情報量を増やしたい場合にもおすすめの方法です。

イベントやセミナーに参加する

ターゲットとなる業界等の参加者が集まるイベントやセミナーに参加・出展をすることで、情報収集する方法もあります。費用がかかるケースもありますが、直接コミュニケーションが取れるため、相性のよい見込み客を獲得しやすく、質の高い営業リストを作成することができるでしょう。

営業リストを作成する

営業リストを作るための情報収集と並行して行うのが、リストの作成です。ここでは、無料ツールを使った営業リストの作り方をご紹介します。

Excel(エクセル)で作成する

Excelを使って、営業リストを作成する方法は、馴染みがある方も多く、比較的スムーズに作業に取りかかれるのではないでしょうか。営業リストを作成する際には、コピー&ペーストや検索・置換といったショートカットキーを使うと、作業効率を上げることができます。

無料テンプレートを使う

インターネットでダウンロード可能な無料テンプレートを使い、営業リストを作成することもできます。一からリストを作るとなると、リスト項目の選定等に時間を要することも考えられます。営業リスト作成初心者にとっては、リスト作成が容易になるだけでなく、営業リストに必要な項目を学ぶ機会にもなるでしょう。

まずはテンプレートを使うことから始め、そこから自分の使いやすいようにカスタマイズしていくという使い方もおすすめです。

スクレイピングツールを使う

スクレイピングとは、Webサイトからデータを収集し、使いやすく抽出、加工することを言います。スクレイピング可能なツール・サービスを使うことで、短時間に多くのデータを収集し、リスト化することが可能です。

スクレイピングツールを導入したい場合、ソフトウェア型やWebサービス型などの種類から選ぶことができます。有料と無料のものがあるので、それぞれのサービスを比較し、スキルに合わせて使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

また、スクレイピングツール利用時の注意点として、情報取集したいサイトがスクレイピングを禁止していないか確認するなど、ルールを守ることが挙げられます。この他、スクレイピングツールを使って取得したデータは、著作権法で公開・販売等することが禁止されていることも覚えておきましょう。

成果につながる有料営業リストの活用事例

営業リストは、自分で作成するだけでなく、有料ツールを購入するという選択肢もあります。有料ツールを購入することで、どのようなメリットを得られるのか、活用事例をご紹介します。

豊富なデータから、ニーズに合わせたリスト作成で商談獲得

自分で営業リストを作成したいと思っても、精度の高いリストを作れるのか不安な方もいるでしょう。有料ツールを使えば、豊富な最新データから自社のニーズに合わせた営業リストを容易に取得、作成することが可能です。「質の高いリストを手に入れられたおかげで、商談獲得の機会が増えた」という声も多く聞かれます。

有料ツールと一口に言っても、特徴はさまざまです。ツール毎の強みやコスト面などにも配慮しながら、自社にあったものを選んでみてはいかがでしょうか。

最新リストの定期購入で、リスト作成工数をゼロに

営業リストの作成に時間がかかり、困っている方もいるかもしれません。その悩みを解決する方法として、営業リストの購入が挙げられます。例えば「営業リストを定期購入することで、いつでも最新の情報が手に入り、リスト作成工数がゼロになった」という声も挙がっています。

有料の営業リストを購入すれば、営業リスト作成にかかっていた時間を営業活動にシフトすることが可能です。営業リストの作成に費やす人的コストを削減し、営業活動時間を増やしたい、とお悩みの方とっては有効な手段といえるのではないでしょうか。

営業リストを購入。おすすめ有料ツール6選

HRog(フロッグ)リスト: HR業界シェアNo.1の”求人”企業リストサービス

                                                        
提供サービス
料金体系
データ項目例
データ取得
サイト数
データの鮮度
・リスト作成ツール
・リスト納品
・初期費用10万円
・月額3万円~※6ヶ月以上の契約で初期費用無料
・企業名
・所在地
・電話番号
・企業情報
・求人内容
・求人出稿状況など
・求人サイト100媒体以上・毎週更新

HRogリストは、HR業界でのシェアNo.1の求人企業リストサービスです。Web上から最新の求人情報を収集し、鮮度と確度の高いHOTなリストを提供し、効率的な営業活動をサポートします。企業が求人広告にかけた出稿予算や目視による精度の高いデータなど、他社リストにはない独自データも充実しています。

(参考:『HRogリスト (フロッグリスト) 』)

バクリス(Baklis):求人広告代理店専用の営業リストを提供

                                            
提供サービス
料金体系
データ項目例
データ取得
サイト数
データの鮮度
・リスト納品・初期費用ゼロ
・月額34,800円〜※限定価格
・採用担当連絡先
・電話番号
・メールアドレス
・広告プランなど計40項目以上
・主要転職サイト9媒体・前週の週末に収集したリストを火曜/水曜に納品

バクリスは、求人広告代理店専門の営業リストサービスです。プランにより、月または週1回の頻度で新着分のデータを提供しています。9つの主要転職サイトに掲載されているほぼ全ての情報を取得することができ、効率的に営業活動を進めることができるでしょう。LINE公式アカウントを使ったサポート体制も整っています。

(参考:『バクリス(Baklis)』)

Keywordmap for List Sales:アクセス数、広告出稿額推移からリストを作成

                
提供サービス
料金体系
データ項目例
データ取得
サイト数
データの鮮度
・リスト納品・最低50万円~・1件当たり単価100~300円
・リスト抽出の難易度によって単価が変動
・広告出稿額が増加中の企業一覧
・広告出稿額が増加中の企業一覧
・事業低迷中の企業一覧 など
・世界最大級の日本語データベース・記載なし

Keywordmap for List Salesは、アクセス数、広告出稿推移などから営業リストを作成し提供しているサービスです。希望の営業リストを作成するためのヒアリングを経て、世界最大級の日本語データベースからリストを抽出、必要とする企業情報を整理して納品してもらう流れです。ニーズに合わせて「広告出稿額が増加中の企業一覧」や「事業成長中の企業一覧」など、目的を絞った営業先リストを作成することもできます。

(参考:『Keywordmap for List Sales』)

リスタ:Web からのキーワード検索でリストを出力

                
提供サービス
料金体系
データ項目例
データ取得
サイト数
データの鮮度
・リスト作成ツール・初期費用ゼロ
・月額1万円(税別)~
・企業名
・郵便番号
・住所
・業種
・電話番号
・Fax番号
・URL など
・Web全体から取得・リアルタイム収集

リスタは、Web上全てのサイトを取得対象としている営業リスト作成ツールです。掲載情報をリアルタイムに取得することができるため、常に最新の企業情報を収集することができます。電話やメールによるサポートや、定期的な勉強会も無料で開催しています。初めての方でも利用しやすい、無料試用版もあります。

(参考:『リスタ』)

Urizo(ウリゾウ):企業情報をリアルタイムで収集できる

                                           
提供サービス
料金体系
データ項目例
データ取得
サイト数
データの鮮度
・リスト作成ツール・初期費用5千円
・月額5,980円(税別)~
・オプション費用(必要に応じて)
・会社名
・業種
・郵便番号
・住所
・電話番号
・FAX番号
・ホームページアドレス など
・31媒体・リアルタイム収集

Urizoは、企業情報1件あたり1円以下という低コストで、インターネット上の最新情報を自由に収集できるリスト作成ツールです。業種・地名などのさまざまな条件を指定をするだけなので、パソコン初心者でも簡単に操作可能。重複データを自動整理する機能や、各企業を自動再検索し、情報を増強してくれる「増強機能」があるのも特徴です。

(参考:『Urizo』)

ソーシャル企業情報:BtoBマーケティング、新規顧客開拓用の企業リストを作成

                
提供サービス
料金体系
データ項目例
データ取得
サイト数
データの鮮度
・リスト作成ツール・初期費用ゼロ
・月額7000円(税別)~
・会社名
・事業所
・郵便番号
・住所
・電話番号
・FAX
・業種
・資本金規模 など
・企業ホームページ約100万媒体・2カ月毎にデータ更新

ソーシャル企業情報は、企業リストをいつでも簡単に作成することができる、月額固定料金のリスト作成ツールです。業者やエリアで絞り込むなど、さまざまな条件を複数指定して検索できるほか、データ元は全て企業ホームページなので安心して利用できます。パッケージ化したリストの販売や、オーダーメイド式でリストを作成するサービスもオプションとして提供しています。

(参考:『ソーシャル企業情報』)

質の良い営業リストの条件

営業リストを使った営業活動で成果を上げるには、質の良い営業リストを作る必要があります。質の良い営業リストにおける3つの条件を解説します。

最新情報が反映されている

営業リストには、常に最新の情報が反映されいていることが望ましいでしょう。営業リストが古い情報のままだと、「すでに倒産しており電話が繋がらない」「事業内容が変わり、話が通じない」「(採用の場合)もうすでに募集がクローズしている」など営業活動の足かせになってしまうことも考えられます。

企業は日々刻々と状況が変化するため、いかに最新の情報を素早く手に入れられるかが、営業成果を上げる上でのカギとなるでしょう。

ターゲットとなる対象顧客が絞り込まれている

営業リストがただ無作為に情報を集約し列挙したものであれば、いくら時間をかけて営業をしても成果は上がりません。受注見込みの高いターゲットに絞った質の高い営業リストを作成することが、営業成果を最大限に高めるためには重要です。

記載ルールが統一され、データの精度が高い

営業リストは誰も見ても分かりやすいように、記載ルールを統一しておくとよいでしょう。また、リストの中に誤植や重複があると、重複架電を起こしてしまうなど営業活動の効率が低下する上、顧客に迷惑をかける事態にもなりかねません。常に精度の高い営業リストの作成を心がけましょう。

有料の営業リストに関するよくある質問

有料の営業リストを購入するか検討している方もいるでしょう。ここでは、有料の営業リストについてよくある質問にお答えします。

メールアドレス/担当者名/代表者名の提供はしている?

提供しているリストの内容は、リスト提供会社によってさまざまです。担当者名や代表者名といった個人情報は、個人情報保護法という法律のもと、本人の承諾なしに取り扱うことが禁止されています。営業リストを購入する際には、リスト提供業者が個人情報保護法をしっかりと守り、違法性のないことを開示しているか確認すると安心でしょう。

契約前にお試し利用はできる?

営業リスト提供会社によっては、契約前に無料でお試し利用ができる場合もあります。「実際に使ってデータの精度を確かめたい」「会社で検討に上げたい」といった場合には、無料のお試し利用を使って、ご自身にあったものを選んでみてはいかがでしょうか。

HRog無料お試し申し込みフォームはこちら

質の良い営業リストを作成して、営業成果を上げよう

営業リストは新規顧客開拓やテレアポといった営業活動を計画的に進めていく上で欠かせないツールです。無料の方法で自作したり、有料の営業リスト作成ツールを使用したりと、営業リストの作成方法はさまざまあるため、自分の営業スタイルや必要な営業リストの件数に応じて適切な方法を選ぶことが重要です。質の高い営業リストを作成し、効率のよい営業を目指しましょう。