営業リストを無料で作成。情報収集方法とおすすめ有料ツール4選

無料で営業リストを作成する際、どこから情報を集めるとよいのか悩む方もいるのではないでしょうか。今回は、お金を掛けずにリスト情報を収集する方法と、手間やコストを掛けずに営業リストが作成できる有料ツールについてご紹介します。

無料の営業リストとは

営業リストとは、テレアポや新規顧客開拓をするために必要な顧客情報を載せたリストのことです。営業リストを作成するには、以下2通りの方法があります。

・無料で得られる情報を集め、自社で営業リストを作成する
・有料ツールを利用し、営業リストを購入または作成する

お金をかけずに営業リストを作成する場合、集めた情報の中から、自分でターゲット先をピックアップし、Excel(エクセル)やテンプレートなどを用いてリスト化していきます。このとき、単純に情報を羅列しただけのリストでは「成果を上げるための営業リスト」とは言い難いでしょう。

受注件数を最大化するためには、できるだけ確度の高いターゲット先を選定した「精度」と、相応の「量」が重要となります。さらに、営業リストを長く活用する上では、リスト情報が枯渇しないよう、日々新しい情報を入手しリストに追加していくことも大切です。刻々と状況が変化する企業に合わせた情報更新も忘れないようにしましょう。質の高い営業リストを保ち続けるためには、手間や時間がかかることも覚えておきたいですね。

無料で営業リストを作成する情報収集方法

無料で営業リストを作成する場合、どのような方法を用いてターゲット先を見つけるとよいのでしょうか。ここでは、お金をかけずに情報取得できる方法をご紹介します。

無料の収集方法①インターネット検索をする

インターネット検索を使って、リスト情報を集めることができます。活用できるサイトを具体的に見てみましょう。

企業ホームページ

業種やエリアを絞ってキーワード検索をかけ、企業ホームページをチェックしてターゲット先を選定する方法があります。時間や手間はかかりますが、情報の信頼性が高く、ターゲットを絞ったリスト作成ができるでしょう。ただし、抽出できる数に限りがあるため、「とにかくリストの量を増やしたい」という方は別の手段を用いた方が良いかもしれません。

求人サイト

ハローワークや民間の求人サイトを活用し、ターゲット先をリストアップすることも可能です。求人サイト内で条件を指定すれば、ターゲット先となる企業一覧を表示することができます。絞り込みを行いたい場合は、「業種」「地域」など自社の営業スタイルにあわせて条件指定をすると、ニーズに合ったターゲット先を抽出しやすいでしょう。

SNSの公式アカウント

近年は、FacebookやTwitter、InstagramといったSNSを活用している企業も多いです。SNSを通じて情報を入手し、ターゲット先を選定するのも一つの方法ではないでしょうか。状況によっては、SNSから直接アプローチすることもできます。

法人番号公表サイト

国税庁が運営している「法人番号公表サイト」を利用して、法人情報を収集することもできます。法人番号とは、1法人ごとに指定された13桁の番号で、原則として公表され、誰でも自由に利用することが可能です。

新設されたばかりの企業など、全国のあらゆる企業を網羅しているのが特徴ですが、公開されている情報は、「企業名」と「所在地」「法人番号」が主となります。電話番号やメールアドレスなど、アプローチ手段となる情報は記載されておらず、営業を行うための法人リストとして活用するには、自分で情報を追加していくことが必要でしょう。

無料の収集方法②新聞や雑誌、四季報を活用する

紙媒体の新聞や雑誌、四季報などから企業データを収集する方法もあります。新聞の電子版をお持ちの方は、記事検索サービスなどを利用すると、効率的にターゲット先をリストアップできるでしょう。公式ホームページなどと比べ、受注につながるネタなど具体的な情報を入手できるため、受注確度の高いアプローチ先を見つけられるのもポイントです。

無料の収集方法③イベントやセミナーに参加する

ターゲットとしている業界のイベントに参加して自社ブースを出したり、セミナーに参加したりして情報収集するのも有効な手段です。見込み客と直接コミュニケーションが取れる機会となるため、確度の高いターゲット先を選定しやすいでしょう。

ただし、イベント等の種類によっては集客力がなく、思ったように成果を上げられない場合もあるかもしれません。参加費用がかかるケースもあるため、どのようなイベントに参加するのか、しっかり見極めることが重要です。

無料の収集方法④名刺情報を活用する

過去に集めた名刺情報を見て、取引に結びついてない企業を営業先としてリストアップするのも方法の一つです。名刺情報を活用するメリットは、過去に会ったことがあるため比較的コミュニケーションやアプローチを図りやすいことではないでしょうか。

企業の状況や環境は刻々と変化するため、当時はターゲット先のニーズと合致せず受注に至らなかった場合でも、時間をおくことで新規取引につながるケースもあります。

無料の収集方法⑤IPアドレスの解析を行う

自社ホームページを頻繁に訪れているIPアドレスを分析して企業名を割り出し、リスト情報として活用することもできます。IPアドレスとは、パソコンなどネットワーク上の機器に割り当てられる識別番号で、インターネット上の住所のような存在です。IPアドレスを解析することで、自社サービスに興味のある見込み客をリストアップできます。

一方で、自社ホームページを訪れた目的が、必ずしもサービスや商品への興味関心であるとは限りません。受注率の高いリストを作成するには、アクセス解析を行った中で、アプローチ先を選別することも大切になるでしょう。

有料ツールを用いて営業リストを手に入れる方法もある

無料で営業リスト作成する場合、「作成時間がかかりすぎて、営業時間が減ってしまう」「手間をかけて作っても受注率が上がらない」など悩みを持つ営業担当者の方もいるのではないでしょうか。

そのような悩みの解決策として、有料ツールを用いたリスト作成方法があります。有料ツールのサービスには以下の2種類があります。

・完成されたリストを納品してもらうタイプ
・リスト作成ツールを購入するタイプ

すでに完成されたリストを手に入れたい方は前者を、リスト作成を容易にしたい方は後者を選ぶなど、利用しやすいタイプを選ぶとよいでしょう。ここでは、これらの有料ツールを用いるメリットを解説します。

リスト作成の工数を大幅に削減できる

リスト納品タイプの有料ツールを使えば、これまでリスト作成にかかっていた工数をゼロにすることが可能です。リスト作成ツールを使った場合においても、ターゲット先の抽出が容易になり、リスト作成にかかる工数を大幅に削減できます。他の業務に費やせる時間が増えることで、営業活動そのものの質が向上することも期待できそうです。

質と量を伴った営業リストが手に入る

有料ツールを使ったリストは、膨大な情報の中から条件にあったターゲット先を抽出できることや、常に最新の情報を入手できることなどが魅力です。受注率を上げるには、リストの「量」も重要となりますが、有料ツールなら、新たなターゲット先を容易にリスト化できます。「質」と「量」を伴った営業リストを使うことで、営業成果だけでなく営業に対するモチベーションアップが見込めるでしょう。

有料の営業リスト作成ツール4選

※以下のデータは2021年7月26日時点の情報となります。

HRogリスト: 人材業界シェアNo.1の”求人”企業リストサービス

                            
提供サービス
料金体系
データ項目例
データ取得
サイト数
データの鮮度
・リスト作成ツール
・リスト納品
・初期費用10万円
・月額3万円~※6ヶ月以上の契約で初期費用無料
・企業名
・所在地
・電話番号
・企業情報
・求人内容
・求人出稿状況
など
・求人サイト100媒体以上・毎週更新

HRogリストは、人材業界でのシェアNo.1の求人企業リストサービスです。Webサイト上から最新の求人情報を収集し、「鮮度」と「確度」の高いリストを提供します。企業が求人広告にかけた「出稿予算」や目視による「精度の高いデータ」など、他社リストにはない独自データが充実しているのも特徴です。

データ提供形式は、要望に合わせたリストを提供する「ファイル納品」と、新着求人を簡単にリストアップできる「リスト作成ツール」の2種類。リスト納品サンプルデータのほか、リスト作成ツールの1ヶ月無料トライアルがあります。

HRog無料お試し申し込みフォームはこちら

(参考:『HRogリスト』

バクリス(Baklis):求人広告代理店専用の営業リストを提供

                            
提供サービス
料金体系
データ項目例
データ取得
サイト数
データの鮮度
・リスト納品・初期費用ゼロ
・月額4万4,800円〜
・単発プラン:2媒体119,800円~
・採用担当連絡先
・電話番号
・メールアドレス
・広告プランなど計40項目以上
・主要転職サイト9媒体ほか、プランによって異なる・前週の週末または、月に一度などプランによって異なる

バクリスは、求人広告代理店専門の営業リストサービスです。月または週1回の頻度で新着分のデータを提供するプランや、カスタマイズプランなどがあるほか、単発でのリスト購入にも対応しています

納品までの期間は約3営業日で、収集した企業データを成形・加工したものがExcelで提供されます。サンプルの無料提供があるほか、LINE公式アカウントを使ったカスタマーサポート体制も整っていおり、初めての方でも利用しやすいサービスとなっています。

(参考:『バクリス』

Urizo(ウリゾウ):企業情報をリアルタイムで収集できる

                            
提供サービス
料金体系
データ項目例
データ取得
サイト数
データの鮮度
・リスト作成ツール・初期費用5,500円
・月額6,578円(税別)~
・オプション費用(必要に応じて)
・会社名
・業種
・郵便番号
・住所
・電話番号
など
・iタウンページなど30以上のサイトから、プランによって異なる・リアルタイム収集

Urizoは、 iタウンページやハローワークをなど30以上のサイトから営業活動に役立つ企業情報を自動収集するリスト作成ツールです。Urizoならではの機能として「増強機能」があります。データ収集後も、各企業をインターネット上で再検索し、FAX番号・メールアドレス・URLを自動的に増強してくれるため、データ収集率を高められるのがメリットです。

このほか、重複データを1件に自動整理できる機能など、営業活動がはかどる機能を多数備えており、有効に活用できるでしょう。1,600件分の情報収集が可能な無料版を試すことができます。

(参考:『Urizo』

ソーシャル企業情報:BtoBマーケティング、新規顧客開拓用の企業リストを作成

                            
提供サービス
料金体系
データ項目例
データ取得
サイト数
データの鮮度
・リスト作成ツール・初期費用ゼロ
・月額6,417円(税込)~
※12ヶ月契約の場合の1ヶ月あたりの料金
・会社名
・事業所
・郵便番号
・住所
・電話番号
・FAX
など
・企業ホームページ約100万媒体・2ヶ月毎にデータ更新

ソーシャル企業情報は、テレアポやFaxDM、郵送DMなどに活用できるクラウド型リスト作成ツールです。シンプルな画面と使いやすい検索機能が特徴で、初めて利用する方でも簡単に確度の高い営業リストを作成できます。

契約後は即日アカウントが発行されるため、リスト作成を急いでいる方にとっても安心ではないでしょうか。無料で使えるトライアルプランはありませんが、初期費用無料で1ヶ月から利用できます。

(参考:『ソーシャル企業情報』)

営業効率の最大化に向けた、営業リスト作成方法を検討

無料の営業リストを作成する際には、インターネットやイベントへの出席など、さまざまな手段の中から適した方法を検討し、自分でリストアップしていくことが必要となります。時間と手間、受注率に伸びないことに悩んでいる方は、有料のリスト作成サービス利用も検討してみるのもよさそうです。自社にあった営業リスト作成方法を検討し、営業効率化を目指しましょう。