【HR Tech特集】テクノロジーで採用構造を変える!企業とビジネスパーソンをフィットさせるチャットボット活用術 – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

【HR Tech特集】テクノロジーで採用構造を変える!企業とビジネスパーソンをフィットさせるチャットボット活用術

HR Techの正体にせまる!今話題のHR Techサービス特集

ここ数年ですっかりなじみの言葉となりつつあるHR Tech。「言葉は知っているけれど、その本質は今いち、よく分かっていない…」「日々登場し続けるさまざまなサービスを把握するのは一苦労…」 この記事ではそんな人に向けて、今話題のHR Techサービスを掘り下げてご紹介します!

2018年8月、NOBORDER株式会社から「TeamFinder」がリリースされた。採用活動をしている企業と、仕事を探している個人をマッチングさせるHRTechのプロダクトである。日本国内において「人材サービス」はいくつも存在する中で、なぜHR系プロダクトのリリースに至ったのか。「TeamFinder」を手掛けるNOBORDER株式会社の代表である竹田氏に話を聞いた。

新しい採用マッチングサービスを作る!

「TeamFinderは『誰もがドリームチームをつくり、探せる世界』をビジョンにしたマッチングサービスです」と代表の竹田氏は話す。

「企業にとって、適切なタイミングで適切なチームをつくることができるかどうか、ビジネスの成否を分けるといっても過言ではありません。また、ビジネスパーソンにとっても、自らの経験を最大限に生かし、価値観に合ったチームで働けるかどうかは、働きがいという点でとても重要な影響を与えます」

採用を考える企業、仕事を探しているビジネスパーソンともに、根本的な考えは同じかもしれない。

では、企業や人事担当者が採用をしたい場合、採用したいタイミングで採用したいビジネスパーソンを採用できているだろうか? 就職、転職を考えているビジネスパーソンは、自らの経験を活かし評価してくれる企業や人事担当者に出会えているだろうか?

何十年も変わらない「日本の採用構造」を変える!

「しかしながら、従来の採用系のプロダクト・サービスは、採用を検討している企業と、仕事を探している個人がいかにフィットするかという点にフォーカスしていませんでした。自社、自身に合いそうな人材、案件を探すことに重きが置かれていたのです」

「企業側の立場になると、やっと探し出した候補者を採用する際に、高い報酬費用が発生するのは健全な状態ではないと思ったのです。そこで、テクノロジーの力で、企業とビジネスパーソンを高精度でマッチングするサービス『TeamFinder』をリリースするという決断に至りました」

採用現場では、企業、個人ともに、探すことに時間がとられ、また企業は高い採用コストを支払う必要もあった。これまでの採用手法と違う採用を検討したい企業や、個人にとってはTeamFinderを使うメリットは少なからずありそうだ。

「採用現場」の常識を覆す!

「従来の採用手法で採用活動する企業は、膨大な時間を採用活動に費やしてきました。自社に必要な人員の確保に向けた、現場ヒアリングからはじまり、求人票の作成、人材系媒体の記事作成から、人材エージェント企業の対応に加え、書類選考など自社にフィットしうる候補者なのかを見極める前の工程で時間をとられています」

「また、仕事を探すビジネスパーソンも、企業探しのために数社のエージェント会社に登録をして面談、移動時間も加味すると1社1時間以上の時間を使います。どのエージェント会社がいいかというよりも、担当してくれるキャリアカウンセラーがどれだけ自身を理解してくれるかは、正直フタを開けてみないとわかりません。実際に自身にフィットする案件に巡りあえるかという点において、巡りあえていないというのが現状ではないかと思います」と竹田氏は話す。

「TeamFinderは、手軽なチャット形式の洗練された質問により、個人ユーザーの経験や価値観をテクノロジーが理解し学習します。企業が募集をしている案件情報データとマッチスコアリングを行い、企業とユーザーをつなぐマッチングさせます。企業には、精度の高いレコメンド・マッチングを提供しながら、既存の成功報酬型の高単価サービスとは違い、定額サブスクリプションモデルにより、採用コストのROIを飛躍的に高める世界観を実現したい」

竹田氏のこの想いに共感をする投資家も見つかり、この世界観を一緒に実現したいというメンバーもそろった事で、プロダクトの開発に着手し、リリースに至ったという。

「AI」によって時間と選択肢が増える!

「AIによって仕事が奪われる、といったような話も語られることが多くなりましたが、私たちはそうは思っていません。テクノロジーの進化によって生み出される、人間の『時間』と『選択肢』はかつてないほど多くなっていて、むしろ人間にとっては『最高のチャンスの時代』が訪れつつあると考えています。私たち人間が、その時間と選択肢を最大限に生かし、本当に『人間だからこそできること』にエネルギーを振り向けることができれば、新たな挑戦が生まれると思っています。その新たな挑戦の一助にTeamFinderがなれば嬉しいですね」

AIを怖がるのではなく、味方にすること。竹田氏が見ている未来は、企業やビジネスパーソンにとって「明るい」未来なのかもしれない。

就職、転職を考えているビジネスパーソン、採用に悩んでいる企業やチームは、まずは登録することからはじめてはいかがだろうか。

◆次世代型マッチングサービス『TeamFinder(β版)』概要はコチラ

公式facebookページはコチラ

(HRog編集部)

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ