2023年求人サイト出稿件数・出稿金額ランキング

2023年も残り3か月となりました。この1年間で求人サイトに最も多くの求人を出した企業はどこだったのでしょうか?HRog編集部では出稿件数と出稿金額の2つの軸でランキングを作成しました。人材系企業の営業戦略にお役立てください。

※この記事内では求人サイト運営企業以外の求人出稿状況について言及します。

2023年 求人サイト出稿件数ランキング 調査概要

調査対象媒体 :「リクナビNEXT」「マイナビ転職」「エン転職」「doda」「type」
調査対象期間 :2022年11月~2023年9月 各月第一月曜日に取得したデータより算出

2023年の正社員系求人サイト出稿件数ランキング

2023年の求人サイト出稿件数第1位は、昨年に続き株式会社スタッフサービスでした。スタッフサービスは事務職派遣を中心に、技術者・医療系人材など幅広い人材派遣事業と人材紹介事業を行う企業です。2022年度のグループ売上は3,898億円で、昨対比111%の成長を見せています。

その他にも株式会社リクルートスタッフィング、パーソルテンプスタッフ株式会社など事務職に強みを持つ派遣会社が複数ランクインしました。

2位~4位は建築・不動産業界の大手企業が占めました。10位のHRNAVI JOINT STOCK COMPANYはベトナムに本社を構える人材紹介企業で、ベトナムの日系企業の採用を支援しています。

2023年の正社員系求人サイト出稿金額ランキング

出稿金額ランキング1位は大東建託株式会社でした。その他にも、出稿件数ランキング上位と同じ企業が複数ランクインしています。

8位のフォーラムエンジニアリングと10位の株式会社リクルートR&Dスタッフィングは、機電系に特化したエンジニア派遣事業を展開しています。また9位の株式会社コプロ・エンジニアード(2023年10月に株式会社コプロコンストラクションへ商号変更)は、建設系エンジニア派遣事業を提供する派遣会社です。

エンジニアは人手不足が顕著な職種であり、レバレジーズ株式会社の調査によるとITエンジニア・クリエイターの正社員求人倍率は2022年12月時点で15.8倍となっています。それに伴い、エンジニア派遣を行う会社もスタッフの確保に注力していることが伺えます。

まとめ

今回は2023年正社員系求人サイトに出稿した企業の出稿件数と出稿金額をランキング形式で調査しました。HRog編集部では引き続き、データの観点から企業の求人サイトの利用状況をウォッチしていきます。

リストプレゼント

また、今回記事でご紹介した出稿件数ランキングの100位までが分かるリストを無料で配布します!

2023年の正社員系求人市場を網羅的にチェックできる資料ですので、下記フォームよりお気軽にお申し込みください。

【無料】出稿件数・金額ランキングリスト プレゼント

調査対象媒体 :「リクナビNEXT」「マイナビ転職」「エン転職」「doda」「type」
調査対象期間 :2022年11月~2023年9月 各月第一月曜日に取得したデータより算出

    ※正式名称をご記入ください。


    個人情報のお取扱いに関する同意事項