4つの視点で効率が変わる!過去の求人広告データでできる営業支援 – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

4つの視点で効率が変わる!過去の求人広告データでできる営業支援

HRog-アイキャッチ-4つの視点

営業戦略を立てるにはデータが重要だ。でもどう活かせばいいのかイマイチ分からない−−。そんな方に向けて、求人広告データを営業に活かす方法を考えてみます。今回は営業リストの優先順位付けチェックポイントを見ていきましょう。

                                                            

リストの比較はコチラ

HRog編集部が3社を徹底比較!人材業界の最強営業リストとは?

チェックポイント1:従業員数の推移

glaph

その会社の従業員数の推移と、求人広告の掲載履歴を確認してみましょう。優先順位が高いのは以下2つです。

従業員数が伸びていて、広告出稿頻度も高い

順調に従業員数が伸びていて、今も採用活動をしているのであれば、引き続き拡大傾向にある可能性は高いです。最近募集している職種以外にもニーズがあるかもしれません。先入観を持たずに、多角的なアプローチが必要です。

従業員数は伸びていないが、広告出稿頻度は高い

掲載頻度に対して従業員数が伸びていないのであれば、離職率が高いことが考えられます。要因はさまざまですが、募集の仕方にミスマッチのポイントがあるかもしれません。広告の打ち出し方や選考方法など、ミスマッチを防ぎ、離職率を下げられるような採用手法を提案しましょう。

チェックポイント2:広告掲載のタイミング

chart

広告掲載のタイミングを見て、営業マンにアプローチすべき企業をアナウンスしましょう。特に逃さずアプローチをしたいのは、次の2つです。

昨年の同じ時期に採用活動をしていた会社

今年も同じ時期に採用を行う可能性が高いです。採用の準備をし始めるであろう、1カ月半〜2カ月前のタイミングで連絡をしたいところです。

掲載終了後2〜3カ月が経っている会社

掲載終了後2〜3カ月は、採用が終了し、内定を出した人が入社しているタイミング。入社後にミスマッチから早期に退職してしまうケースは珍しくありません。採用活動を再開することも考えられるので、状況を確認しましょう。

チェックポイント3:自社や営業との相性

handshake

どんなに活発に採用活動をしていたとしても、その職種と自社媒体の相性が悪ければ、いいアプローチ先とは言えません。例えばエンジニア採用に強みを持っている媒体が、保育士募集をしている会社に積極的にアプローチをしても、あまり意味がないですよね。

同じように営業マンそれぞれにも、得意分野があります。その分野で営業実績を積んでいけば、知見がたまって、他社の営業マンとは一味違う、信頼性の高い営業活動ができるはずです。各営業マンの得意な職種や業界を磨いてもらうのも、ひとつの営業戦略です。

チェックポイント4:世の中全体で、伸びてる業界・職種

bitcoin

世の中全体で、伸びてる業界・職種がアツいのは言わずもがな。業界全体が成長過程にあるのであれば、大手企業から中小企業まで、採用ニーズが高いことが期待できます。

そういった業界をリストアップして集中的にアプローチするのはもちろんのこと、その業界に特化した特別キャンペーンを用意したり、営業資料や営業トークで使えそうな情報を発信したりといった営業支援もできるはずです。伸びてる業界・職種のチェックは、求人マーケットの調査・分析・リスト出しの「HRogチャート」にお任せを!

HRogチャート-フルバナー468_60

まとめ:データを元に営業活動を支援しよう!

ここでご紹介したデータ活用方法はほんの一例。求人広告データでできる営業支援はたくさんあります。営業マンそれぞれが闇雲にアプローチをするのではなく、データをもとに営業活動の支援ができれば、効果的に売上を伸ばしていけます。

人材業界向け営業リスト「HRogリスト」では、約130媒体約10億件の求人情報をストックしており、過去の求人データも含めたリストを提供できます。無料のフリープランもあるので、より良い営業支援の第一歩として、ぜひご活用ください。

HRogリスト-リーダーボードバナー729_90

(文/天野夏海)

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ