【プログラミング言語別!】求人給与額ランキング

IT集計

IT系ベンチャー企業への投資が活況の昨今、先日上場したリクルート社を始め、大手企業でも

IT領域の強化が頻繁にニュースとなっています。
(参考:「リクルートはエンジニアの楽園になれるか?」http://goo.gl/eFwQI8

最近のITエンジニアの求人が非常に活況な中、今回は 「求人マーケット分析ツール 3Chart」を

利用して、「プログラム言語別 求人給与ランキングTOP10」を作成してみました!

今回の調査は、IT職種の求人に強い正社員系媒体の中から、下記の8媒体が対象です。

対象媒体:@type、DODA、FindJob!、Green、イーキャリア、エン転職、マイナビ転職‎、リクナビNEXT(50音順)
調査日:2014年10月20日
調査対象求人件数:31,743件(全職種)
調査方法:「応募条件」「仕事内容」に各言語が含まれる求人掲載件数(のべ件数/掲載件数50件以上の言語が対象)と、
掲載給与額(年俸換算下限金額)の平均値を算出

第10位 C#
求人年俸額平均:328万9,440円
求人件数:977件


C#は、マイクロソフトが開発した言語で、.NET環境で主に利用される言語です。
Javaとよく似た文法を持つため、Javaエンジニアが習得しやすい言語です。
企業向けの業務システムで利用される事が多いですが、Windows環境での利用にほぼ限られるため、

近年では必要とされる場面はやや限定的です。

第9位 C言語
求人年俸額平均:329万6,146円
求人件数:710件


C言語は、現在利用されている言語の中でも古くからある言語です。
非常に機械に近い、より原始的な言語であるため、習得するための難易度は高くなっています。
組み込み系、制御系や、OSなどの開発においては、現在でも欠かせない言語です。

第8位 C++
求人年俸額平均:335万5,848円
求人件数:1,139件


C++は、C言語の拡張として開発された言語で、機能を拡張していっても高い性能を維持するよう

作られています。
Windowsのアプリケーションや、組み込み系や制御系の開発のほか、高い性能を求められる

ゲーム開発でも人気のある言語です。

第7位 PHP
求人年俸額平均:341万8,502円
求人件数:1,939件


現在日本でも最もプログラマーの多い言語の1つで、Web系サービスの開発において

最も標準的と言える言語です。
記述の自由度が高い点や、開発環境の準備も容易なことから、習得の難易度が高くない事が

人気の理由の一つです。
「WordPress」や「EC-Cube」など、PHPで動作するオープンソースの製品も非常に多く、

求人需要も安定的です。

第6位 Java
求人年俸額平均:345万2,738円
求人件数:3,548件


Javaは、「JVM」という仮想マシン上で動作する設計から、Windows、Linuxなど、

様々な環境で動作する言語です。
堅牢な設計・開発ができることから、以前から企業のエンタープライズシステムで非常に多く

採用されて来ましたが、最近はAndroid(アンドロイド)アプリの開発で利用されることからから、

求人需要はより増加傾向です。

第5位 JavaScript
求人年俸額平均:348万6,366円
求人件数:1,214件


JavaScriptは、主にブラウザ側で動作する言語で、Webサービスでの高機能な画面動作(UI/UX)

を実現するのに欠かせない言語です。
jQueryなどのフレームワークも充実し、node.jsなどのサーバーサイドへの広がりなど、

今後さらに利用場面の広がりが見込まれている言語です。

第4位 Objective-C
求人年俸額平均:348万9,549円
求人件数:1,110件


Objective-Cは、iPhoneアプリ開発のための標準言語です。
iPhoneアプリ開発で限定的に利用される言語のため、求人需要と比較してプログラマ数が少ない

傾向が続いています。
先日発売のiPhone6も非常に人気となり、引き続き高い求人需要が予想されます。

第3位 Perl
求人年俸額平均:352万6,370円
求人件数:542件


Perlは比較的古くからWebアプリケーションで広く利用されてきた言語ですが、近年の

新規開発案件での利用は、PHPやRubyに代わられた傾向にあります。
ただし、「はてな」などの老舗の大規模Webサービスを中心に今でも主要言語として

利用されており、求人案件でも、より高度な技術を求められる傾向にあります。

第2位 Ruby
求人年俸額平均:361万9,448円
求人件数:664件


Rubyは日本人の まつもとゆきひろ氏 により開発されたプログラミング言語で、

Web開発を中心とした言語として世界的にも人気があります。
高い生産性を実現する「RubyOnRails」という開発フレームワークを利用することが主流です。
PHPと比較検討される事が多い言語ですが、PHPと比べるとより高度なプログラミングを

駆使するケースが多く、技術力の高い企業により人気です。
需要に比べてプログラマ人口がまだ多くない分、より求人ニーズは高いと言えそうです。

第1位 Python
求人年俸額平均:382万2,018円
求人件数:281件


Pythonは比較的新しい言語ですが、利用範囲が広く、様々な環境で動作し、また、

読みやすく書きやすいなど、生産性や保守性も高いことから、利用が急速に高まっている言語です。
求人件数はまだそこまで多くないものの、海外での利用の広まりから、日本国内でも

急速にニーズが高まっていくことが予想されています。
先日ソフトバンクから発表された人型ロボットPepper(ペッパー)君の制御にも、Pythonが使われています。

プログラマの人口も他の言語と比べてまだ少ないことから、給与額ランキングではダントツの1位となったようです。

プログラムング言語ランキング、いかがでしたでしょうか?
ゴーリストのエンジニアからは「Perlが第3位というのが意外!」という声が聞かれました。
Web系サービス開発の活況さを反映して、やはりWeb系の生産性の高い言語の

求人ニーズが高い様子がうかがえます。
このように数値化してみると、ITエンジニアの求人ニーズも、より多角的に見えてくるかと思います。

言語 求人掲載件数 求人年俸額平均
Python 281 3,822,018
Ruby 664 3,619,448
Perl 542 3,526,370
Objective-C 1,110 3,489,549
JavaScript 1,214 3,486,366
Java 3,548 3,452,738
PHP 1,939 3,418,502
C++ 1,139 3,355,848
C 710 3,296,146
C# 977 3,289,440
アセンブラ 77 3,286,740
ActionScript 156 3,257,935
VisialBasic 912 3,226,683
COBOL 307 3,134,943

3Chartは、求人情報に特化した市場分析サービスです。
月間のべ1000万件にものぼる求人データベースを元に、地域や職種、具体的な企業名などの

様々な角度から、求人マーケットを簡単・自由に分析することができます。
HRogでは、今後も様々な角度から求人マーケットを分析した、ユニークなレポートを

お届けして参ります!

3Chartにご興味をお持ちの方は、こちらからお問合わせください。



3Chart

当記事のデータは、

求人マーケットの戦略立案に特化した3C分析サービス

「3Chart」によって、作成されています。

3Chartサービスページ