受注したいなら○○をあたれ!求人情報から見えるアタックするべき企業の特徴3つ – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

受注したいなら○○をあたれ!求人情報から見えるアタックするべき企業の特徴3つ

こんにちは!HRog編集部です。テレアポ、外回り、資料作りと忙しい営業マン。もっと効率的に顧客を開拓していきたいですよね。そこで今回は求人情報から読み取れる、営業の際に真っ先にあたるべき企業の特徴を3つにまとめました!

アタックするべき企業の特徴①:給与の低い企業

まずは求人情報の「給与」の情報を見てみましょう。同エリアや同職種の企業と比較して、給与の低く設定されている企業は要チェックです!

人手不足で採用の成功率が低い昨今、給与が低い企業はさらに求職者に選ばれにくいもの。そんな企業は採用に困っている可能性が大いにあります。企業の採用課題をしっかりヒアリングし、それを解決できる施策を提案していきましょう!

アタックするべき企業の特徴②:広告掲載枠が大きい企業

次に注目するべきは、求人広告の掲載枠の大きさ。広告掲載枠の大きい企業は、積極的にアタックするべき企業の一つです。

広告掲載枠が大きいということは、その媒体に出している広告出稿金額が大きいということ。つまり採用のためにお金をかけており、求人ニーズが高い企業といえます。リプレイスや複数の媒体に載せるメリットを提示して、積極的に営業をかけていきましょう!

アタックするべき企業の特徴③:自分の既存顧客と似た条件の企業

また、職種や業種・エリアなど、細かい条件もチェックしてみましょう。もし自分が担当として持っている企業と似たような条件の企業があったら、ぜひアプローチかけたいところです。

似た条件の企業は、採用の課題も似てくるもの。だから自分の担当企業と似た条件の企業をリストアップすれば、それらの企業が抱えていそうな採用課題をある程度予測することができます。それに合わせたスクリプトを作ったうえで、得意の提案パターンで攻めていきましょう!

まとめ:アタックするべき企業を効率的にリストアップしましょう!

今回は求人情報から見えるアタックするべき企業の特徴についてまとめてみました。求人情報のデータをしっかり読み解くことで、自分がアタックするべき企業が見えてきます。今回挙げた特徴に当てはまる企業を効率的にリストアップしたうえで、戦略的にアプローチをかけていきましょう!

複数の媒体から条件で絞り込める企業リスト「HRogリスト」はコチラ

(HRog編集部)

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ