株式会社MyRefer、ファン社員の特定を行う「MyReferファンベース採用サーベイ」の提供を開始

自社の社員に友人や知人を紹介してもらうリファラル採用は、従業員の信頼する人脈から優秀な人材に出会うことができ、コストを抑えてマッチ度の高い採用活動を行えるとして近年注目を集めている。株式会社MyReferの調査では、コロナ禍で企業の41.0%がリファラル採用の活用を検討している。

この流れを受け、株式会社MyReferは「MyReferファンベース採用サーベイ」の提供を開始した。

同サービスは、年3回の全体サーベイと毎月のミニサーベイによって、リアルタイムで施策の効果を計測する組織診断を主な機能としている。組織診断では、18問の従業員サーベイと独自の分析を通じて会社の強みを特定し、回答結果から会社へのエンゲージメントが高い従業員を特定する。特定した従業員を中心に社内外広報の実行支援を行い、リファラル採用の促進に繋げる。

また、会社に近い業界や規模の企業群に絞り込み、同業他社の回答傾向と比較分析を行うことで会社の組織特性を明らかにする機能や、今後会社がより「おすすめされる企業」「働き手から選ばれ続ける企業」に変革を進める上で必要なデータを提供する機能などを備えており、リファラル採用成功とエンゲージメント向上を一気通貫で支援する。

リファラル採用は、社員の協力が必要不可欠だ。組織診断によって企業のポジティブな側面を社員に広めることで、知人や友人などに勧めやすい会社にできる。組織全体のエンゲージメント向上も期待できるため、新しい採用戦略として検討してみてはどうだろうか。

【参考記事】組織課題ではなく、組織の強みを見つけることに特化した、日本初のサーベイ 「MyReferファンベース採用サーベイ」 12月2日提供開始