21年卒オンライン内定式・内定者研修でエンゲージメント向上効果を最大化!「オンライン内定者エンゲージメントパック」の提供開始

新型コロナウイルスの影響により、21卒新卒の採用はオンライン化や長期化が進んでいる。また、2020年7月時点で1社以上内定を持つ就活生の4人に1人が複数社へ内定承諾をする意向であることから、「どの内定先が自分にあっているか決め手に欠ける」、「不景気による内定の取消しが不安」といった課題を抱えている就活生もいるようだ。

先行きが不透明でリアルなコミュニケーションが取りづらい中、企業には内定者とオンラインによるコミュニケーションを重ね、内定者同士が関わる機会を創出しながら相互理解を深めることが求められている。

これを受け、株式会社MyReferは2020年8月6日から、21卒内定者向けの「オンライン内定者エンゲージメントパック」の提供を開始した。オンライン内定式や内定者研修において、内定者同士で会社理解のためのワークショップを行い、内定者が自発的に後輩へ会社をすすめたくなる関係作りを実施する。これにより、21卒内定者のエンゲージメント向上と22卒新卒のリファラル採用を支援する。

サービスの詳細は以下の通り。

サービスの内容

1.ワークショップ
アイスブレイクをはじめ、会社の魅力を洗い出す個人ワークや、内定者同士で選んだ理由や会社の魅力を共有し、22卒採用のコンセプトを作成するグループワークを実施する。

2.内定者リファラル採用フォロー
「MyRefer Campus」を通じて会社のニュースや内定者同士の話、イベント情報などを配信。継続的にコミュニケーションをとり、内定者のファン化を支援する。

サービスの特徴

1.内定者を自社のファンにする
内定者が「なぜこの会社を選んだのか?」を内省してアウトプットすることで、会社への理解を深める機会を設ける。また、他の内定者の会社への想いを知ることでさらに愛着が高まる。

2.内定者同士のつながりを作る
グループワークを通じて、内定者同士の「つながり」を創出する。自分のキャリアについて深く話しながら、一緒に働く仲間と交流することで、入社までのエンゲージメント向上が期待できる。

3.後輩に会社をすすめすることでエンゲージメントが高まる
リファラル採用プロジェクトで後輩の就職相談を受けたときに、会社を自分ゴト化して語るアウトプットの機会をつくることで、エンゲージメントが高まる。また、研修後もリファラル採用アプリ「MyRefer Campus」から内定者が自社を好きになる社内ニュースの配信を通じて、内定者の反響を見ながらコミュニケーションを継続することが可能だ。

サービス資料ダウンロードはコチラ

サービスに関する問い合わせはコチラ

就活生の志向性や情報の取得方法は変化しており、既存のナビサイトだけではなく友人同士のクチコミやSNSなどでより「会社のリアル」を知ろうとする傾向にある。オンラインの研修・内定式において会社や内定者同士のつながりを作り、企業の魅力を共有することで、内定者の心を掴むことができる注目のサービスとなりそうだ。

【参考URL】21年卒オンライン内定式・内定者研修でエンゲージメント向上効果を最大化「オンライン内定者エンゲージメントパック」8月6日提供開始

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。