anがサービス終了、その背景を読み解く。

パーソルキャリア株式会社は8月1日、運営するアルバイト求人情報「an」のサービスを11月25日をもって終了することを発表しました。

1967年の「日刊アルバイトニュース」創刊以来、日本で最も歴史のあるアルバイト求人情報サービスとして続く50年以上の歴史に幕を下ろすこととなります。サービス終了の理由について同社は「WEB・スマホ時代を見据えたサービス移行に遅れを取り、競争力が低下したため」としています。

本記事ではパーソルホールディングス発表情報やanを含むアルバイト系求人メディアの広告掲載件数推移を読み解きながら、「an」サービス終了の背景を探ります。

アルバイト市場伸び悩み、シェア4.5%減

2013年3月期には昨対比+12.9%で成長していたanですが、当時WEB対応していたのは首都圏のみで、郊外では紙媒体を中心に展開していました。その後他社の求人メディアに追随する形で2015年にLINEアプリ上で求人検索・応募ができる「LINEバイト」を開始、2017年には紙媒体を撤退し完全WEB化を行いました。

しかし、結果として経営リソースの分散を招き、anの競争力・成長率は徐々に低下していきます。2018年3月期には昨対比-13.5%とマイナス域へ転落してしましました。

アルバイト求人情報「an」サービス終了のお知らせより引用

このような状況を踏まえ、同社はanブランド再構築という戦略のもと、TVCMの展開やシステム改修など様々な施策を打ち出し、2019年3月期には売上高成長率4%とプラス転換させることに成功しました。

しかし、人材不足やインターンシップの普及などを背景に2016年以降アルバイト・パート領域の市場環境は緩やかな縮小傾向にあります。2011年3月期ピークからシェアを4.5%落とすなど、anの市場シェアは伸び悩みが続いていました。

アルバイト求人情報「an」サービス終了のお知らせより引用

以下は過去1年間の各媒体別の出稿求人数推移を表したグラフです。2018年末から2019年初頭にかけてanの掲載数は伸びていますが、市場全体としては求人掲載件数は2019年4月時点で昨対比116.5%と大きな成長は見られません。また、anの掲載件数も2019年2月以降大きな伸びはなかったようです。

HRogリストのデータを元に編集部作成

まとめ

同社が「an」サービス終了を決めた背景には、アルバイト・パート市場の停滞の中でシェアを獲得しきれなかったことが一因としてあるようです。今後、各媒体のシェア変化やanに出稿していた企業はどの媒体へ移り変わっていくのかなど、「an」サービス終了に伴うアルバイト求人市場の変化に注目したいと思います

【参考記事】
アルバイト求人情報「an」サービス終了に関するお知らせ

【参考資料】
アルバイト求人情報「an」サービス終了のお知らせ
2019年3月期 決算説明会

【無料】anサンプルリストプレゼント中

HRog運営会社の株式会社ゴーリストは人材業界のベストパートナーを目指し、求人広告ビッグデータを利用した人材業界の営業活動の効率化を図るサービス HRogリスト を提供しています。

最新の求人から過去に掲載されていた求人まで、求人ニーズのある企業の開拓や営業効率化に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

会社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

※ご送信の前に「同意書」「サービス利用規約」を必ずお読みください。

同意する

(HRog編集部)